不公平感が生じることを防止

親が亡くなった際などに、家や土地などの不動産を相続することがあります。
自分一人だけならシンプルですが、兄弟などの複数の被相続人がいることも多いです。
そうであれば、基本的には不動産を共有名義として扱っていくことになります。
そのケースで重要なのは、不動産全体における持分の決め方です。
親とも事前に相談しており、均等に分けるようにしておくと、後々のトラブルを防ぎやすくなります。
ただし、持分を均等にすべきというルールは存在しません。

共有名義といっても持分によって資産価値は変わってきます。
そのため、安易に決めると不公平感を生みだすことになり、それが不仲につながってしまうリスクもあるのです。
相続時にはトラブルがなくても、いざ売却しようとしたときに争いに発展するケースも見受けられます。
もし均等にしないなら、理由を明確にして全員が納得できるようにしましょう。
他の面でフォローするなどの配慮をしておくことも共有名義にする際のポイントです。

広さ以外も考慮した柔軟な分け方

共有名義の持分を均等にすることで、不動産の分割がスムーズになるケースもあります。
前提となるのは持分は単純な広さでは決まらないことです。
土地の場合、狭くても広いほうが資産価値が高いこともあります。
車道からの距離など他にも多くの要因が影響します。
それを考慮することで分割時の融通か利きやすくなるのです。
たとえば物をたくさん置きたいので、とにかく広い面積を確保したいという人もいるでしょう。
もし広さだけで資産価値が決まるなら、損を嫌う人はこの要求を受け入れてくれません。

しかし、実際には狭くても資産価値が同じなら構わないと考え、妥協してくれる見込みがあります。
置き場所として使うだけなら日当たりが悪くても支障はありません。
そのような個々の事情を考慮したうえで、最終的に持分が均等になれば不公平感を生み出さずに済みます。
言い換えると、共有名義の持分を均等にするという前提で、分割の仕方を調整できるということです。

まとめ

共有名義を均等に分けるという決まりはありません。
しかし、特にこだわりがないなら差を付ける必要はありません。
同じ割合にしておくことで、不公平感から生じる仲たがいを防げるからです。
また、持分は広さだけに依存して決まるのではなく、さまざまな要素が考慮されます。
そのため、個人が何を重視するのか踏まえたうで、等しく配分できるケースも少なくありません。
いずれにせよ均等に分けることにはメリットがあるので、共有名義による相続の前に理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。